ファスティングは意味ない?!

ファスティング 意味ない
FASTING

健康維持やダイエットとしてファスティングが人気を集めています。
しかし、ファスティングをすることは意味ないことと思っている人も多いかもしれません。
実際に体験した人の中にも、ファスティングをしたけど体重の減少が見られずに諦めてしまった人もいるのではないでしょうか?

そこで、ファスティングは本当に意味ないことなのか、効果がないのか迫っていきましょう。

ファスティングが意味ないと感じてしまう理由とは?

ファスティングを実際に試したけど効果を感じなかった人もいるでしょう。
そう感じた理由とは何なのでしょうか?
ファスティング 断食 違い
1つ目に、ファスティング後にリバウンドをしてしまったことが考えられます。
ファスティングをしている最中やファスティング直後は体重が減少しているので成功したと思っても、次第に体重が増えてしまうことでファスティングをしても意味ないと感じてしまうのです。
リバウンドを繰り返してしまうと痩せにくくなるとも言われており、ショックを受けた人もいるのではないでしょうか?

また、ファスティング中やファスティング終了後に体調を崩してしまうことで失敗したと感じる人もいるでしょう。
体重が減少したとしても体調が悪くなってしまっては成功とは言えません。
ファスティングに対して悪いイメージを持つことにもつながり、もうファスティングはしたくないと思う人もいるようです。

ファスティングは正しい方法で行わないと意味がない

上記のような理由でファスティングは意味ないと感じてしまう人は多いでしょう。
しかし、ファスティングは正しいやり方で行うことでリバウンドもなく健康的にダイエットができたり、体調が良くなったりするのです。

間違った方法で行えば、失敗するのは当たり前なのでファスティングをする際には正しい方法をしっかりと理解した上で始めることが大切でしょう。
そこで、正しいファスティングの方法を解説していきます。

まず、ファスティングは3つのステップで行われることは知っていますか?
準備期・ファスティング期・復食期となり、3つの期間を正しく進めていくことで効果を実感できます。

準備期

準備期はファスティングを始める前の準備運動のような期間となります。
日数としては、ファスティングを行う日数と同じ期間設けることが一般的です。

そのため、3日間ファスティングを行うのであれば、3日間の準備期間を設けてください
ただし、食生活の乱れが気になる場合には準備期間を長めに設けてみましょう。
過ごし方としては、規則正しい生活を続けるだけとなります。

ファスティング ホテル

ファスティングのために胃腸を整えておくことが重要なので和食を中心にバランスの良い食事を摂ることが大切です。
また、甘いものやアルコールは避け、20時までには夕食が終わっていることが理想となります。
そして、食生活で意識することは「ことまごはやさしい」です。

キノコ類

  • ☑こ:穀物
  • ☑と:唐辛子
  • ☑ま:豆類
  • ☑ご:ゴマなどの種子
  • ☑わ:わかめや昆布などの海藻類
  • ☑や:野菜や果物
  • ☑さ:魚(とくに青魚)
  • ☑し:しいたけやじめじなどのきのこ類
  • ☑い:いも類

上記の食材を使って食事を作り、よく噛んで食べるようにしましょう。

ファスティング期

公認ファスティングカウンセラー®

準備期が終了したらいよいよファスティングの開始です。
ここでは無理をしないことが大切です。
そして水分を摂取することも忘れないようにしましょう。

水
ファスティングなので何も摂取しないことであると考えている人もいますが、水分を摂らないことは大変危険です。
脱水症状を起こしてしまえばファスティングを続けることもできないので、普段よりも意識をして水分を摂取することが大切です

復食期

ファスティングが終われば復食期となります。
ファスティングが終わったからと、すぐに固形物を食べてしまうと体調不良になる可能性もあり危険です。

重湯
リバウンドがしやすい体になることもあるので気を付けましょう。
ファスティングが失敗しないよう、慎重に過ごすことが重要です。

このように、3つのステップでファスティングを進めていくことで効果を実感しやすくなります。
ファスティングは意味ないと思っているのであれば、上記を参考にして行ってみましょう。

成功させるにはファスティング期に摂取するものも大切!

ファスティングは意味ないと感じている人の中に、ファスティング期に水だけ摂取していた人はいませんか?
水分を摂ることはもちろん大切ですが、栄養素をしっかりと補うことで体力を落とさずにファスティングを成功させることができます。

しかし、固形物や甘さのあるジュースなどを飲むとファスティングの意味がありません。
そこでおすすめなのが「酵素ドリンク」となります。

味を選ぶ

酵素ドリンクは野菜や果物を発酵させて作ったドリンクです。
体内で作ることのできない酵素を多く含み、ファスティングをサポートしてくれるのです。

そして、酵素ドリンクの選び方も重要となるのでご紹介しましょう。
例えば、スクラロースやアスパルテームなどの合成甘味料やソルビン酸や亜硫酸ナトリウムなどの保存料、酸化チタンや食用タール色素などの合成着色料を使っている酵素ドリンクは体に負担をかけてしまうのでファスティングには向いていません。
香料や白砂糖を使っているドリンクも同様に避けた方が良く、添加物を一切使用していない酵素ドリンクを選ぶことが大切です。

復食期の食事について

ファスティングを意味のあるものにするべく、復食期の食事内容には十分に注意しましょう。
お肉が食べたいからと急に焼肉を食べたり、ご飯や揚げ物などを一気に食べてしまうとリバウンドしてしまいます。

ステーキ
体調が悪くなる可能性もあるので、効果を続けるためにも正しい方法で行うことが大切です。

まず、固形物はすぐに摂らないようにしましょう。
肉や魚は動物性たんぱく質となり、摂取すると胃酸が分泌されます。
そのため、急激に摂取することで胃酸の分泌が過剰になり、胃に負担を与えてしまうのです。
胃痛を防ぐためにも日にちを開けてから摂取するようにましょう。

ただし、体のためにもたんぱく質の摂取は大切です。
たんぱく質を補いたいのであれば、納豆や豆腐などの植物性たんぱく質を摂取することで負担を与えずに栄養を補えるでしょう。

湯豆腐
また、味付けは薄味が鉄則です。
出汁をうまく活用してスープやお味噌汁を作るのも良いでしょう。


そして、何よりも大切なことは食べ過ぎないことです。
ファスティングが意味ないと感じてしまう原因としてはリバウンドが最も多いので、復食期の食生活に気を付けて過ごすことが重要なポイントです。

体調の変化は好転反応かも!

ファスティング中に体調が悪くなってしまい、ファスティングは自分にとっては意味ないことだと気分が落ち込んだ人もいるでしょう。
しかし、体調の変化の原因は「好転反応」にあるかもしれません。

空腹
好転反応は、体が正常な状態に戻ろうとする際に起こる反応です。

一時的に体調が悪くなるような状態になり、ファスティング中に起こることでファスティングが原因で体調が悪くなったと勘違いしてしまうのです。
ファスティングの場合、脂肪に蓄積されていた毒素が血液の中に流れ出すことで頭痛などの体調の変化が表れます。

砂糖を多く摂取していたのであれば、低血糖の症状を引き起こし体調が悪くなってしまうこともあります。
体調の変化は頭痛や吐き気など様々なですが、徐々に治っていくため体調の悪さを感じたら無理せず過ごすことが大切です。
好転反応の症状は次第に落ち着いてくるので問題ありません。

ファスティングを意味ないと感じる理由は様々ですが、意味のないことにしている原因は自分にあるかもしれません。
正しい方法で実行することが何よりも大切なので、専門家にアドバイスをもらいながら無理なく始めることで意味のあるファスティングを行えるでしょう。

ピックアップ記事

CONTENT