【ファスティング 3日間 】のスケジュールと注意点

ファスティング 3日間 スケジュール
FASTING

ファスティングにも様々な方法があり、スケジュールが短いものから長いものまであります。
今回は、エステプロラボのサロンが推奨している3日間の酵素ファスティングのスケジュールをピックアップしてご紹介していきましょう。
ファスティングを検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

ファスティングダイエットアドバイザー

3日間のファスティングスケジュールについて

3日間のファスティングスケジュールはどのように組まれていて、どんなことに注意すれば良いのか見ていきましょう。
3日間のファスティングは、ファスティングを開始する2日前から準備期が始まり、3日目が終了してから2日後までの復食期が1回の流れとなっています。

つまり、3日間のファスティングとは言っても、準備期・復食期を合わせて実質7日間かかるのです。

カレンダー

ファスティングは、ただ3日間断食すれば良いというものではなく、きちんと必要な栄養素を摂取しながら体の調子を整えていくことが重要なポイントになります。
そのため、準備期と復食期もしっかりと考慮したスケジュールを立てなければいけないのです。

準備期の過ごし方

準備期は、これからファスティングを始めることを体に伝える期間になります。
3日間ファスティングを行う場合は2日間の準備期が理想的で、朝は酵素ドリンク、昼と夜は消化に良い食事にしていくことが重要です。

この段階でも動物性原料を使ったものや白砂糖を使ったものはなるべく避けるようにしましょう。
また、準備期に口にする食事は、ファスティングを推奨しているメーカーが販売している代換食であればより効果を実感しやすくなると言われています。

ファスティング期の過ごし方

ファスティング期を3日間に設定した場合のポイントをご紹介していきましょう。

基本的に3日間は、酵素ドリンクだけで過ごすことになり、固形物は口にしません。

何も食べない状態ではありますが、酵素ドリンクを飲みながら過ごすので、栄養素はしっかりと補うことができます。

味を選ぶ

酵素ドリンクの味を選べるものもあるため、好みの酵素ドリンクに出会うことができれば、この3日間のファスティング期も無理なく過ごせるでしょう。
ファスティング初日は、食欲がないような感覚になったり、トイレが近くなったりする人が多く見られます。

2日目は、眠気や吐き気、頭痛、だるさなどを感じる方もいますが、これらの症状は酵素ドリンクを飲むと緩和されるケースが多いため、気になる方は酵素ドリンクを飲んでみると良いでしょう。

腸内環境

3日目は、体重が減るなど目に見える変化を感じられるようになるため、ファスティングをして良かったと感じる方が多いです。
ファスティング期の3日間は、基本的に希釈した酵素ドリンクのみ摂取しますが、カフェインレスのコーヒーやお茶であれば飲んでも問題ありません。

復食期の過ごし方

復食期は、3日間のファスティング期が終了してから2日間が理想的だと考えられています。
ファスティングが終わってから急に元の食生活に戻してしまうと、体がびっくりしてしまい、リバウンドなどの原因になってしまいます。

また、内臓も元気な状態になっているため、消化吸収がされやすい状態に。
そのため、まずはおかゆや塩気が薄いみそ汁、フレッシュジュース、スムージーなど、体への負担が少ないものから少しずつ食べるようにした方が良いでしょう。

重湯

3日間のファスティングを行うのであれば、このようなスケジュールや過ごし方が理想的です。

準備期から復食期までトータルで意識することができれば、ファスティングは成功だと言えるでしょう。
また、ファスティングを行っている間はできるだけ多く水分も摂取した方が良いと言われています。
そのため、1日に2Lを目安に水分を摂取するようにしましょう。

この時に摂取する水分もできるだけ意識し、水道水よりもミネラルウォーターを選ぶようにしましょう。

ファスティング中に意識しておきたい基本的なルール

ファスティングのスケジュールは先ほど説明した通りになります。

スケジュールに沿ったファスティングを実践することで効果が期待できますが、より効果を感じたいのであればファスティング中に意識しておきたい基本的なルールを知っておくことも重要です。
続いては、ファスティング中に意識しておきたい基本的なルールをご紹介していきましょう。

準備期や復食期も気を抜かない

ファスティングを実践する3日間だけではなく、その前後にある準備期や復食期も気を抜いてはいけません。

なぜなら、ファスティングを成功させるための重要な期間だからです。
できるだけ消化されやすいものを口にした方が良いため、脂っこい料理は避けるようにしましょう。

夕食は20時までに済ませる

私たちの体は、「ナチュラルハイジーン」というリズムを持っています。

ナチュラルハイジーン
そのリズムに従った生活をすることで、酵素ドリンクに含まれている酵素を活かすことができるのです。

20時までに夕食を済ませると、吸収と代謝の時間と呼ばれる20時~4時までの間に体を休ませることができます。
体にとって理想的なリズムで生活ができ、健康な体へと近付けられるでしょう。

空腹感が辛い時は水を飲む

ファスティング実践中に空腹感が辛いと感じることもあるはずです。
そんな時は、水を飲んで空腹感を和らげるようにしましょう。

水

それでも耐えられないと感じた場合は、スイカやメロンを1切れ、すりおろした果物をほんの少し、梅干しなど塩気があるものを口にすると和らぐので試してみてください。

睡眠は十分にとる

睡眠は、私たちの健康と大きな関わりを持っています。
睡眠中は新陳代謝が活発になるため、代謝酵素の働きも活発になっています。

また、翌日に代謝酵素も睡眠中に生産されるため、睡眠はかなり重要な役割を担っているのです。

睡眠

20時~4時の間は特に代謝酵素の働きが活発になるため、20時~4時を含む7時間~8時間の睡眠が理想的だと言われています。

こんな人はファスティングをしてはいけない!

ファスティングは、私たちの体に良い影響を与えてくれるため実践したいと考える人も少なくありません。
しかし、いくら3日間という短い期間であっても、やってはいけない時期があります。

また、ファスティング中に避けた方が良いこともあるのです。
最後に、ファスティングをやってはいけない時期やファスティング中に避けた方が良いことをご紹介していきます。

生理中はファスティングをやってはいけない

生理中はホルモンバランスが普段と違う状態になっているため、ダイエットの効果が表れにくくなっています。
そのため、生理が終わってからファスティングをした方がダイエット効果を実感しやすくなるでしょう。
ファスティング 口内炎また、生理痛がきつい人はファスティングで食事ができないことをストレスに感じやすくなる可能性もあります。
そのようなことを踏まえると、生理中はファスティングをしない方が良いです。

妊娠中や授乳中もファスティングをやってはいけない

妊娠中や授乳中のファスティングは、胎児や母体に必要な栄養を摂取できずに、予期せぬトラブルにつながってしまう可能性があります。
妊娠中の体重増加を防ぐために行いたいと考える人もいるかもしれませんが、何か問題が起こってからでは遅いので、妊娠中や授乳中は無理に行わない方が良いでしょう。

ファスティング中に避けた方が良いこと

激しい運動はしないようにする

ファスティング中は普段よりも摂取する量が減るため、頭痛や吐き気などを感じる人もいます。
必要な栄養素は摂取しているので健康を害することは基本的にありませんが、激しい運動をすると体調がさらに悪くなってしまう可能性があるので、ファスティング中の激しい運動は避けた方が良いでしょう。

薬を飲まないようにする

ファスティングには、消化器官を休ませたり、リセットしたりする目的があります。
酵素ドリンクのみを摂取することもあるため、薬が内臓に大きな負担を与えてしまう可能性もゼロではありません。
普段薬を飲んでいる人がファスティングを実践したいと考えているのであれば、あらかじめ医師に相談するようにしましょう。
ファスティングとは

ファスティングにはとても嬉しい効果を期待できますが、生理中や妊娠中や授乳中の人は体への負担を考えて、行わないようにしましょう。
また、激しい運動や薬の服用に関しても注意しながら取り組むことをおすすめします。
そうすることで、ファスティングのスケジュールを順調にこなすことができ、効果を実感しやすくなります。

ファスティングは、準備期、ファスティング期、復食期をきちんと行うことが重要になります。
今回紹介したスケジュールや基本的なルールなどを頭に入れておけば、より効果を実感しやすくなることでしょう。

ピックアップ記事

CONTENT