ファスティング中の頭痛、実は好転反応だった?原因と対処法

FASTING

一定期間すべての食べ物もしくは特定の食べ物の摂取を絶つことを、ファスティング(断食)と言います。
ファスティングは、一定期間食事を取らないことで、消化器官や内臓を休めて体調を整える効果があり、最近ではダイエットや美容、健康目的でファスティングを取り入れる人も増えています。

しかし、実はこのファスティング中に頭が痛いと悩まされる人も少なくありません。
そこで今回は、ファスティング中に起きる頭痛の原因と対処法を解説します。

ファスティング中の頭痛の原因は?実は好転反応だった!?

ファスティング中は頭痛に加えて、吐き気や倦怠感など様々な体の不調が起こることがあります。
こうした不調が起きると、体に何か異常があるのではと不安を感じる人も少なくありません。

不安

しかし、ファスティング中に起きる頭痛や吐き気、倦怠感といった症状は、「好転反応」である可能性が高いです。
好転反応とは、症状が良くなる過程で一時的に起こる反応のことで、血液中に老廃物や細胞の毒素が流れ出る影響によって現れます。
ファスティング中に頭が痛くなる原因を詳しく見ていきましょう。

老廃物が原因

ファスティングを行うと、体中に溜まっていた老廃物や毒素が排出されます。
その過程で頭痛が引き起こされるのです。
そのため、頭痛に不安を感じ、ファスティングを辞めようか迷っている方は、もう少し我慢してみましょう。

カフェインが原因の可能性も

カフェイン
普段からよくカフェインを摂取していると言う人は、ファスティングによって頭痛が起きる場合もあります。
日頃からカフェインを多く摂取している人は、ファスティングすることでカフェインによって収縮していた血管が広がり、その結果頭痛が発生するのです。
また、カフェインには頭痛を和らげる効果もあるため、日頃抑えられていた痛みが顕在化するケースもあります。

空腹による頭痛

空腹
食事を食べないと血糖値が急に低下することがありますが、このように血糖値に変化が起きると、頭が痛くなる場合があります。
また、血糖が低下すると補うために血液中にケトン体が大量に放出されると、頭痛や倦怠感、眠気などの症状が起こる原因となり得ます。

頭が痛くなったらどうすれば良い?対処法とは

ファスティング中は好転反応として頭痛の症状が現れることも多いです。
頭痛や倦怠感、眠気といった症状が同時に現れた場合は、好転反応と考えて良いでしょう。

しかし、いくら好転反応とわかっても、頭が痛いのは辛いものです。
そこで、頭痛が起きた場合の対処法をご紹介します。

水分をたくさん取る

水分
頭痛の原因が好転反応の場合、改善するには溜まっている老廃物を排出させることが重要です。
なるべく水分をたくさん取り、排出を促していきましょう。

ここでポイントなのが冷たい水ではなく、常温の水や白湯を飲むことです。
冷たいものは内臓を冷やし、血流や代謝を悪くする恐れがあります。

また、一度にたくさん摂取すると体への負担も大きいため、少量ずつをこまめに取るようにしましょう。

睡眠をしっかりとる

睡眠
頭痛や眠気、倦怠感など体に不調が現れたときは、できるだけ休息を取り静かに過ごしてください。
興奮した神経が落ち着けば、頭の痛みも改善されるはずです。
部屋を少し暗くすると、体もリラックスしやすいのでおすすめです。

半身浴をする

半身浴
半身浴は体をリラックスさせるとともに、発汗により老廃物を排出する効果もあるのでおすすめです。
ただし、頭痛の症状がきついときに、無理に入浴するのは症状を悪化させる可能性もあるため危険です。
体調が落ち着いているときに行いましょう。

糖質を摂る

糖質
頭痛の原因が血糖値の低下にある場合は、栄養ドリンクなどで少量の糖質を摂ると良いでしょう。

注意しなければならないのは、いきなり大量の糖質は摂取しないということです。
急激な摂取は血糖値の急上昇や急低下を招き、再び頭痛を引き起こす恐れがあります。

また、摂取する糖質も白砂糖や人工甘味料ではなく、ブドウ糖から補いましょう。

ファスティングは無理なく行うことが大切

最初から厳しいやり方とスケジュールでは途中で挫折してしまう可能性も高いです。
無理なくファスティングを行うためにも、「3日間ファスティング」がおすすめです。

3日間ファスティングとは
3日間ファスティングは、短期間で結果を出したい方におすすめの方法です。
金・土・日など週末に行えるので、仕事のスケジュールやお付き合いをあまり気にせず挑戦できます。
ファスティングを行う3日間は一切の固形物は取らないことで、消化器官をゆっくり休めることが可能です。
ただし、いきなり水分以外何も摂取しないというのは、低栄養状態になりフラフラしやすくなるなど初心者にはハードルが高いです。
そのため、酵素ドリンクを適度に飲みながら行う「酵素ファスティング」がおすすめです。

3日間ファスティングのやり方

3日間ファスティングは、何も食べない3日間のほか、その前後に準備期間と回復期間が必要です。
3日間ファスティングの場合は、準備期間と回復期間どちらも2〜3日程度用意しておくと安心です。

準備期間

純和食を基本として高脂質や高タンパクの食材はできる限り避け、食べ過ぎないように心掛けましょう。
ファスティングスタート日の前日は、早めに夕食を済ませます。

ファスティング期間

断食期間中は、ビタミンやミネラルを含んだ酵素ドリンクで栄養補給を行います。
また、人間は1日に約2.5Lの水分を排出すると言われています。
美容のためにも常温の水をこまめに取るよう心掛けましょう。

回復期間

ファスティングにおいて、最も気を付けなければならないのが回復期です。

期間中は何とか断食できたとしても、終了後にすぐにいつも通りの食事に戻してしまう人がいますが、これは良くありません。
せっかく休ませてもその後にいきなり普段通りの食事をすることは、リバウンドしやすくなるだけでなく不調の原因にもなりかねません。
せっかくファスティング期間を乗り越えても、回復期間の過ごし方によって失敗となることもあるのです。
そうならないためにも、回復期間は慎重に胃を慣らす必要があります。

回復期間最初の食事は、重湯がおすすめです。
その後、ゆっくり具無しの味噌汁やおかゆに移行していきましょう。
野菜やきのこ、豆類を含んだおかずは2日目以降から取り入れていきます。

酵素ファスティングのポイント

ファスティングを成功させるうえで重要なのが、酵素ドリンクの質です。
固形物を一切取らず、酵素ドリンクと水のみで過ごすからこそ、酵素ドリンク選びは極めて重要です。

エステプロラボの酵素ドリンクは113種類もの純国産植物を贅沢に使用し、天然酵母・植物性乳酸菌によって自然発酵させたハイクラス酵素ドリンクです。
白砂糖や人工甘味料、保存料といった添加物は一切していないため、安心して使用できます。
「週末1日間」や「集中3日間」、「ベーシック14日間」などファスティングの推奨プログラムも用意されているので、初心者でも無理なく挑戦できるでしょう。

ハーブザイム® 113 グランプロ シリーズ

「ハーブザイム® 113 グランプロ シリーズ」公式ページ

今回は、ファスティング中に起きる頭痛の原因とその対処法について解説しました。
ファスティング中の頭痛は、好転反応の可能性が高いです。
良い方向に向かっている証拠なので、様子を見ながら無理のない範囲で続けてみてください。

また、ファスティングを行う場合は、酵素ドリンクで必要最低限のカロリーやミネラル、ビタミンを補給しながら行う酵素ファスティングがおすすめです。
エステプロラボなら酵素ファスティングプロラボがあるので、始めての方でも安心して挑戦できるでしょう。

ピックアップ記事

CONTENT