ファスティング中なかなか治らない便秘を改善するには?

腹痛
FASTING

ダイエットをするためにファスティングを始める人は多く見られます。
正しい方法で取り組めば、理想的な体型へと近づくことができます。

ファスティングをするなら好転反応について正しく理解しておく必要があるのです。
今回は、ファスティングによって生じる好転反応にはどのようなものがあるか、なかなか治らない便秘を改善するにはどうすればいいのか、といった点について解説していきます。

ファスティングの好転反応で便秘になってしまう…

まずはファスティングをするなら把握しておきたい好転反応についてご紹介します。
好転反応にも様々な種類があります。

弛緩反応

弛緩反応は、臓器や細胞から排出された老廃物や毒素が血液の流れに乗って運ばれる際に生じます。
倦怠感や発熱、強い眠気などが現れるケースが多いです。

過敏反応

過敏反応は、老廃物や代謝物が体の外へと排出され、衰えていた体の機能が目覚めることによって生じます。
痛みや痒み、便秘、下痢などが見られます。

排泄反応

排泄反応は、老廃物を体の外に出すために排泄機能が活性化することで生じます。
デトックスが行われている証です。
吹き出物や目やに、発疹などが見られます。
また、尿の量が増えたり、においが変化したりするケースもあります。

回復反応

回復反応は、血流の滞りが改善されることにより血の巡りが良くなることで生じます。
代謝が良くなり、体の様々な機能や細胞が回復している証です。
発熱や吐き気、動悸、頭痛などが見られます。

好転反応

好転反応は、個人差が非常に大きいです。
同じようにファスティングを行っても、あまり体調に変化がない場合もあります。

好転反応が出ると心配になってしまうかもしれませんが、体が良い方向に変化している証です。
そのため、具合が悪くなったからと言って諦めないようにしましょう。

ただし、本当に病気が潜んでいる可能性もないとは言い切れないので、不調がいつまでも続く場合は受診することをおすすめします。

なかなか治らない便秘を改善するには?

ファスティングを行った時に多く見られる好転反応は便秘です。
便秘がなかなか治らないと不快感もあるため、改善したいと考えるのは当然でしょう。
そこで、便秘の原因や改善するために取り組みたい方法についてご紹介します。

原因と改善方法①:食物繊維が不足している

食物繊維

ファスティングに限ったことではありませんが、ダイエットをしていると食物繊維が不足しやすくなります。
特にファスティング中は、固形物を口にしないので食物繊維はどうしても不足してしまいます。

復食期を過ぎても便が出にくい状態が続いているなら、食物繊維を積極的に摂取するようにしましょう。
食物繊維を補うのに適しているのは、海藻類です。

海藻類は、玄米や根菜と比較すると食物繊維の量がおよそ10倍〜25倍も含まれているのです。
わかめやひじき、あおさ、寒天、のり、昆布など日々の食生活に取り入れやすいものを選ぶと苦になりません。

ただし、復食期の前半に食物繊維を摂取しすぎると、胃に対する負担が大きくなってしまいます。
そのため、復食期の後半から食物繊維を徐々に取り入れるようにするのがおすすめです。

原因と改善方法②:油分が不足している

油分

油分の不足も、便秘の原因となります。
酵素ファスティングを行うと油分もほとんど口にしないので、不足しがちになってしまいます。
復食期の後半から油分を意識的に摂取するようにすると、便秘の解消につながりやすくなるので試してみてください。

ここで注意したいのは、油分なら何でもいいわけではありません。
摂取するのは、質が良い油であることが重要になります。
どれを選んだらいいかわからない場合は、オリーブオイルや亜麻仁油、ごま油、グレープシードオイル、えごま油などがおすすめです。

亜麻仁油やえごま油などはオメガ3系脂肪酸が豊富に含まれています。
オメガ3系脂肪酸は、体の中で起こっている炎症を抑えたり、血管の壁を柔らかくして血液をサラサラにしたりするなどの効果が期待できます。

原因と改善方法③:体が冷えている

冷え

体の冷えも、便秘を引き起こす原因のひとつです。
低体温になってしまうと、腸内環境が乱れてしまい、代謝や免疫も下がります。
腸内にある酵素の働きが冷えによって悪くなってしまうからです。

ファスティングの際に酵素ドリンクで酵素をたくさん取り入れても、そのような状況だと効果が得にくくなってしまいます。
酵素ファスティングでダイエットをするなら、冷えを改善して痩せやすい体を作っておことも重要です。

冷えを改善するには、シャワーで済ませず湯船に浸かる、体を内側から温めてくれる食品を積極的に取り入れる、適度に運動をする、痩せすぎないように気をつける、足湯に浸かる、背中・お腹・首を冷やさないようにする、といった点を意識してみるのがおすすめです。

冷えの対策は、日常生活でできることばかりなので、まずはひとつでも良いので日々の生活に取り入れてみてください。
すぐに変化を感じることは難しいですが、徐々に冷えが解消していると実感できるようになるはずです。

原因と改善方法④:水分と酵素が不足している

便秘になってしまうのは、水分と酵素が不足していることが原因となっている場合もあります。
酵素ファスティングは、酵素ドリンクの原液と水分だけで過ごすので、水分や酵素が不足するというのは見落としがちです。
一見すると問題ないように見えますが、固形物を摂取せずに水分だけ飲むのは意外と大変です。
そのため、自分では気が付かないうちに水分の摂取量が少なくなっている可能性があります。

水分不足を解消するには、意識的に水分を摂取することが大切です。
目安は、酵素ドリンク以外に1.5〜2リットルほどの水分を摂取することです。
ただし、腎臓に疾患を抱えている場合やむくみがひどい場合などは、水分を摂りすぎると余計に体調を悪化させてしまう恐れがあります。
そのような場合は、ファスティングをする前に主治医に相談するようにしましょう。

酵素に関しては、質の高い酵素ドリンクを選ぶことが重要です。
エステプロラボが手掛けている酵素ドリンク・ハーブザイムのように、鮮度や産地にこだわった材料を使っているものは特におすすめです。
ハーブザイムは、天然の酵母や植物性の乳酸菌によって自然発酵したハイクラスな酵素ドリンクとなっています。
合成添加物も使っていないので、安心して摂取できます。

ハーブザイム® 113 グランプロ シリーズ

ハーブザイム公式ページ

原因と改善方法⑤:運動不足になっている

運動不足だと、ダイエット中に関係なく便秘がちになってしまう傾向があります。
ファスティングをしていると前述したように食物繊維を不足してしまうので、より便秘がちになってしまいます。
運動不足になると代謝も悪くなってしまうため、ダイエットにとっても大敵です。

運動不足は一朝一夕で改善できるものではないので、毎日少しずつでも体を動かす習慣を身に付けておきましょう。
基礎代謝が上がれば、それだけ痩せやすい体へと変化していきます。
つまり、ファスティングを行った時にも効果が期待しやすくなると言えます。
運動

ファスティングを始めると、様々な好転反応が現れるのです。
その中のひとつに便秘があります。

便秘がいつまでも続くと不快感を覚えるので、少しでも早く改善したいと思うものです。
便秘を解消するには、今回紹介した原因と改善方法を意識してみてください。

良質な酵素ドリンクを取り入れることもポイントになるので、迷っているならエステプロラボのハーブザイムがおすすめです。

ピックアップ記事

CONTENT