ファスティングと便秘の関係性

ファスティング 便秘
FASTING

ファスティングは便秘に悩んでいる人の大きな味方になります。
女性の中には、辛い便秘に悩まされる人も多いのではないでしょうか?

自分なりに食生活を変えたり、運動をしたり、生活環境を変えても便秘が改善せずに困っている人もいらっしゃるかと思います。
健康的に過ごすためにも腸内環境を整えることが大切です。

便秘で悩んでいるならファスティングを行って腸内環境を改善し、辛い便秘とお別れしましょう。
そこで、便秘になる仕組みやファスティングと便秘の関係性について迫っていきます。

便秘になる理由とは?

自分が便秘だと認識している人もいれば、認識していない人も中にはいます。
便秘の理由を知る上で、腸の働きや排便の仕組みを理解することは重要です。

まず、人間が食べ物を摂取すると喉を通り胃へ移動していきます。
胃や小腸で消化された食べ物は水分を含んだ状態のまま大腸へ進みます。
そして、少しずつ水分が吸収されながら固形化し、肛門へと進んで排出されます。

空腹

しかし、排出されずに大腸に溜まっていくと、水分吸収だけが進み、便は硬く小さくなっていくのです。正常であれば、腸によるぜん動運動によって便が排出される仕組みとなりますが、異常が起こることでぜん動運動が少なくなり、大腸内に便が滞ることで便秘につながってしまうのです。

便秘には種類がある?

便秘の原因は人によって違いがあります。
例えば、水分をあまり摂取しない生活をしていると、水分不足が原因で便が硬くなり便秘を引き起こしてしまう場合があります。

また、骨盤底筋や直腸の収縮力が低下することで、便が出にくい体質へと変化することもあるでしょう。

ファスティング 口内炎
その他にも、ストレスや環境の変化などによって、副交感神経が興奮し、腸管が緊張してしまうことも考えられます。
便秘と下痢を繰り返す人も多く、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

何らかの病気が原因となり腸管が狭くなることで、便が通過しにくい環境になってしまうことも考えられるので、異変を感じた場合には病院への受診も検討してみましょう。

女性に便秘が多いって本当?

男性と比べると女性の方が便秘に悩む割合が高いと聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
その理由としては、男性と比較をすると女性は腹筋が弱いために便を送り出す力も弱いことが原因だと言われています。

腸内環境また、女性ホルモンの一種でもある黄体ホルモンの影響によって便の水分が多く吸収され、便秘になりやすいとも考えられています。

女性の中にはダイエットを習慣にしている人も多いのではないでしょうか?

食事を減らすことで腸にとって有効と言われている食物繊維や水分の摂取が減少し、ぜん動運動に影響が及ぶ可能性があるのです。
こうした要因があることで、女性の方が便秘になる割合が高いと言われています。

便秘を解消するためには?

便秘を改善する方法として、雑誌やネットを調べるといくつもの解決法が紹介されています。
ストレッチや運動、便秘を穏和させるツボやマッサージ、十分な睡眠をとることが大切など、様々な方法が紹介されています。

しかし、どの方法を試してみても効果が感じられず、便秘が解消しないと悩む人もいるのではないでしょうか?
そんな中、近年注目されているのが「腸活」です。

ファスティング 断食 違い雑誌やテレビなどのメディアでも取り上げられることが多く、聞いたことがある人も多いでしょう。
腸内には、500~1000種類そして数百兆個もの細菌がいると言われています。

腸内フローラと呼ばれ、健康維持に有効な「善玉菌」、病気の原因を作り得る「悪玉菌」、そして優勢な菌の影響を受けると言われる「日和見菌」の3種類に分けることができます。
悪玉菌をゼロにすることで腸内環境が良くなると考える人も多いかと思いますが、菌のバランスが整うことで腸内フローラの状態が変わります。

そのバランスとしては、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7とされます。
思っていたより善玉菌の割合が少ないと感じる人もいるかもしれません。

しかし、悪玉菌よりも割合が多ければ、日和見菌が善玉菌の見方をして腸内環境が良くなっていきます。
一方、腸の中に悪玉菌が増えることで便秘だけではなく新陳代謝の低下、肩こりなどの様々な悪影響を引き起こすとされています。

なぜ、悪玉菌が増えるのかと言うと、生活習慣や食生活が大きく関わっています。
例えば加工食品やファストフードなどが一般的になっていますが、その多くには添加物やトランス脂肪酸、白砂糖などが含まれています。

砂糖これらは腸内環境の悪化を引き起こすとされ、摂取を控えることが望ましいと言えるでしょう。
また、過労やストレスが溜まることも悪玉菌が増加する要因と言われているので、定期的に心身共にリフレッシュさせてあげましょう。

腸内環境のチェック方法

腸内環境の悪化は便の状態を見ることで自分でも確認することができます。
うさぎの糞のようにコロコロとした便秘状態の便はもちろんのこと、柔らかめ、泥状の便は腸内バランスが悪い傾向にあります。

そして、便の色によってもバランスを見ることができるので、役立ててみましょう。
まず、焦げ茶色の便は便秘傾向の人に多い色となります。
ステーキ肉を中心とした食生活をしていることで色が濃くなることが考えられるので、バランスの良い食生活をすることが望ましいでしょう。

また、黒く墨のような色をしている便は病気の可能性もあるので早めに病院を受診することをおすすめします。

腸内環境が整っていることを知らせる便としては、明るい黄褐色でバナナ状の便が理想的とされているので、毎日の便の状態によって腸の健康をチェックしてみましょう。

酵素を積極的に摂取することでバランスが良くなる?

腸内環境のバランスを整えるためには、まずは食生活の見直しから始めてみましょう。
そんな中、注目されているのが「酵素」となります。

酵素は元々体内にあると言われている体内酵素に加えて、食べ物から摂取することができる食物酵素があります。
そして、もう一つが善玉菌によって作り出される腸内細菌酵素です。
体内にある酵素は、加齢と共に作り出す力が弱まっていくと言われています。

すると腸内環境が悪化し、便秘を引き起こすとされているので食事によって酵素を体内に取り入れることで、腸内環境の正常化が期待できます。

生野菜生野菜や生の果物、発酵食品や低GI食品などに酵素が多く含まれているので、積極的に摂取してみましょう。

ファスティングで便秘解消!

便秘解消の秘訣として酵素の摂取のほかに注目されているのが「ファスティング」です。
ファスティングとは一定期間固形物を摂取しないことで消化器官を休息させ、本来の体の機能を取り戻す方法です。

準備期・ファスティング期・復食期の3ステップで行われ、正しい方法で行うことで腸内環境の改善を目指すことができます。メカニズムとしては、現代の食生活によって影響を受けた胃腸がファスティングによって改善することで便通を促すと言われています。

また、酵素の一種・モチリンがぜん動運動を促してくれるため、ぜん動運動が活発になり便秘改善効果を与えると考えられています。
しかし、正しい方法で行うことが最も重要となるため、ファスティングに特化したサロンなどで指導を受けながら実施することが望ましいでしょう。

便秘は腸内環境が悪化することで引き起こされると言われ、改善するためには腸内フローラのバランスを整えることが良いとされています。
そのためには、酵素を積極的に摂るだけではなくファスティングの実施も有効です。
特に酵素ファスティングはバランスの崩れた腸内に良い影響を与えることも期待でいるので、正しい方法で実践してみましょう。

ピックアップ記事

CONTENT