酵素ファスティングの正しいやり方

ファスティング やり方
FASTING

ファスティングは、美容や健康のためにとても大きな役割を担っています。
そのため、実践してみたいと考える方も少なくありません。

しかし、正しいやり方をしなければ意味がなくなってしまう可能性が高くなります。
今回は、美容や健康のためにとても大きな役割を担うファスティングの正しいやり方についてご紹介しましょう。

最近注目度が高まっているファスティングとは?

公認ファスティングカウンセラー®

糖質や脂質を制限したり、食事を置き換えたりといった食事に関するダイエットが注目されたことがあります。
多くの方が実践しているこれらのダイエットは、食事制限に当てはまります。

これは1日の中で摂取するカロリーを抑えると消費カロリーの方が必然的に多くなるため、ダイエット効果が期待できるという方法です。
激しい運動をするよりもダイエット効果を実感しやすいのですが、正しいやり方をしないと栄養不足になってしまったり、食事を解禁した後に大幅なリバウンドをしてしまうというリスクも潜んでいます。

そのため、食事制限をするダイエットには注意が必要なのです。

そんな中で注目されているダイエット方法がファスティングです。
ファスティングは、固形物を一切食べないため断食だと言えば分かりやすいでしょう。
しかし、最近のファスティングは全く固形物を口にしないというわけではありません。

サプリメントや少量の野菜、少量のフルーツ、酵素ドリンク、水は口にできるため、必要な栄養素を補いながら行う半断食ということになります。

ファスティングの正しいやり方と目的

続いては、ファスティングを成功させるために知っておきたい正しいやり方と目的についてご紹介します。

ファスティングの正しいやり方

酵素ドリンク

ファスティングは、2~3日間、酵素ドリンクや水、野菜ジュースのみで過ごします。

中には長く続けた方が効果を感じられるのではないかと考える方もいますが、長期間に渡って酵素ドリンクや水、野菜ジュースで過ごすということは健康を害してしまうリスクを高めることになってしまいます。
そのため、長くても3日間程度に留めておいた方が良いのです。

そんなファスティングは準備期、ファスティング期、復食期という3つの期間に分けられます。

準備期は、体が急なファスティングによってびっくりしないために必要な期間であり、純和食を意識することが重要なポイントになります。
ファスティング期は、酵素ドリンクなどでしっかりと栄養を摂取しながら半断食をしますが、自己流ではなく専門的な知識を持つ方に相談するということも失敗をしないためには必要なポイントになるので覚えておくと良いでしょう。
復食期は、ファスティングを終えて、通常の食事へと戻すために必要な期間です。重湯からスタートして、お粥や具のないみそ汁など体への負担が少ないものを口にするようにしてください。3日以上のファスティングを実践した場合は、復食期が2日~3日ほど必要になるということも知っておいた方が良いポイントだと言えます。

ファスティングを行う目的とは?

ファスティングは、ダイエットをするために行うと思われがちですが、最終的な目的は健康的な体作りをすることです。
健康的な体を作っていく過程でダイエットができるということになります。

腸内環境

健康的な体作りが最終的な目的なので、メタボな体型が気になるという方、脂っこい食事を好んで食べるという方、胃腸が弱い方、夏バテをしにくい方、ニキビができやすくて悩んでいる方、便秘気味で悩んでいる方には特におすすめできます。

これを踏まえて考えてみた場合でも、ファスティングは体の調子を整え、健康になるためのサポートをしてくれるということになると言えます。

なぜファスティングを行うことによって健康的な体作りができるのか疑問に思う方もいるでしょう。

現代人の食生活は、過食気味であったり、不摂生であったりします。

過食また、食品添加物もたくさん摂取するため、腸内環境が良くない状態になっているという方が少なくありません。

腸は食べ物を消化して栄養を吸収するという役割を持つ臓器です。
そのため、腸内環境が良くない状態になっていると、体を巡る血液や細胞も汚れてしまい、体中に毒素になる物質を溜めこむことになってしまいます。

そのような状態から抜け出すための方法としてファスティングに注目が集まっているのです。

水ファスティングによって消化器官を休ませることができるため、潜在酵素を代謝に回せるようになり、体の中に溜めこまれてしまった毒素を体外に排出しやすくなるのです。

さらに代謝が良くなることで、細胞の再生能力も高まり、肌のターンオーバーも正常になります。
このような効果もファスティングによって得られることから、ファスティングは美容や健康のためにとても大きな役割を担っていると言われています。

実際に酵素ファスティングを実践した事例

最後に、3日間のファスティングを実践した事例についてご紹介しましょう。

準備期

3日間という短い期間のファスティングの場合でも準備期は必要になります。
ファスティングを開始する前に、自分自身の体の状態をしっかりと把握し、ファスティング後にどのような変化があったのかを知るために指標にします。

準備期の1日目は、朝食だけを酵素ドリンクに置き換えましょう。


朝はまだ消化器官が目覚めていないので、負担が少ないものを口にした方が良いと言われているからです。
昼食も可能であれば代換食などに置き換えることができればより良いです。

準備期2日目は、1日目と同じように朝食を酵素ドリンクに置き換え、昼食は消化しやすいスープや代換食などがおすすめとなっています。

ファスティング期

準備期を終えるとファスティング期に突入します。

ホルモンバランス

1日目は、何となく食欲がないような感覚になり、トイレが近くなるという方が多くなっています。
2日目は、眠気やだるさ、吐き気、頭痛などの症状を感じるという方が多くいますが、酵素ドリンクを飲むことで症状は緩和する傾向があります。
3日目には体重の減少を実感することができるでしょう。

3日間の間は、希釈した酵素ドリンクと水のみで過ごすことになるのですが、カフェインレスのコーヒーは飲むことができるため、無理のない範囲で実践することをおすすめします。
できる範囲で実践した方が結果も出やすくなるため、無理は禁物です。

復食期

復食期は、ファスティングの結果を左右する重要な時期になります。ファスティングで得られた効果が無駄にならないように、復食期までしっかりと意識をするようにしてください。


復食期1日目は、フレッシュジュースやスムージーなど消化されやすく、栄養もたっぷりと含まれているものを摂取するようにしましょう。
2日目は、お粥などを食べ始め、少しずつ体を慣らしていきます。

重湯

そうすることで、体もびっくりすることがないので、結果をしっかりと残せるのです。

ファスティングは、美容や健康のためにとても大きな役割を担っています。
食生活を意識することが少なくなってきた現代人だからこそ、ファスティングで自分自身の体をメンテナンスしてあげることが重要だと考えられます。

ファスティングに興味があるという方は、酵素ファスティングの正しいやり方を覚えた上で実践してみてください。
また、ファスティングの知識を身に付けるための資格を取得してみるのもおすすめです。
酵素ファスティングの正しいやり方を実践することができれば、結果がきちんと伴ってくることでしょう。

ピックアップ記事

CONTENT