ファスティングの回復食にオートミールがおすすめ

オートミール
FASTING

リバウンドせず、健康的にダイエットがしたいと考える人は多いです。
近年では様々な食材を用いてダイエットを試みようとする人が増えており、中でも「オートミール」は人気があります。
テレビや雑誌でも紹介されたことがあり、中にはファスティングで使用している人も少なくありません。

オートミール

しかし、本当にダイエットに向いているのか、ファスティングにも有効なのか、気になる人もいるはずです。
そこで今回は、オートミールがダイエット食品として人気の理由やファスティングで取り入れる際に注意すべき点を解説します。

オートミールが人気の理由

オーツ麦を脱穀して調理しやすいように加工されたものをオートミールといいます。
穀物の一種で海外では朝食時に食べられることも多く、馴染みのある食材です。
ダイエット食として人気の理由は以下の通りです。

食物繊維が豊富

腸内環境
食事を減らしたせいで便秘になり、思うように体重が減らず悩んだ経験はありませんか?
お腹の調子を良くしたい場合にもオートミールは有効です。

腸内の善玉菌を増やし、血液中のコレステロールを低下させる水溶性食物繊維が含まれています。
また、腸内の水分を吸収して便のカサを増し、ぜん動運動を活発にして便通を促す作用のある不溶性食物繊維も含まれているので、腸内環境に不安を抱えている人におすすめの食材です。
代謝も促してくれるので、肌荒れの改善効果も期待できます。

鉄分やカルシウムが豊富

ミネラル
現代人はミネラルが不足しがちです。
ミネラル不足になると、免疫力の衰えや疲れやすさ、集中力の低下、イライラなど、様々な不調につながります。

オートミールには、マグネシウムや鉄、カルシウムなどのミネラルがふんだんに含まれているので、それらの不調を和らげる作用が期待できるのです。
健康的にダイエットを続けたい人に向いている食材でしょう。

低GI食品

低GI食品
オートミールは低GI食品です。
血糖値が上昇すると、インスリンと呼ばれるホルモンが分泌されますが、糖分を脂肪に変換して溜め込む性質を持っているため、ダイエット時には血糖値が急激に上がらないように注意する必要があります。

しかし、血糖値の上昇が緩やかな低GI食品であるオートミールは、食べても脂肪になりにくいのでダイエット食品として人気があります。

ヘルシー

低カロリー
カロリーを過剰に摂取してしまうからと、炭水化物を抜いてダイエットをしている人がいますが、物足りなさを感じて長く続かない人もいます。
しかし、オートミールは低カロリーな食材。
白米は茶碗1杯で約230kcalですが、オートミールは30gで約110kcalです。

ふやかすので水分を吸って少量でも満足できる点が魅力で、食べすぎる心配もありません。

ファスティングの回復食としてオートミールを取り入れる際の注意点

低カロリーでありながらも栄養価の高いオートミールは日々の生活に取り入れるだけではなく、ファスティングにもおすすめです。
特にファスティング後の復食期では、摂取する食べ物によってリバウンドを招く危険性もあります。

リバウンド

しかし、オートミールであれば栄養を補いながら回復できるので、多くの人が回復食として活用しています。
ただし、間違った食べ方をしているとファスティングの効果が薄れてしまうので気を付けましょう。

食べる量に注意

食べ過ぎ 腹痛

ファスティングが終わり、復食期になった段階で一気に食事をしてしまうとファスティングの効果が得られません。
リバウンドは大敵なので、すぐに普段通りの食事に戻すのではなく、胃が驚かないように負担の少ないものから摂取しなければいけません。

ふやかしたオートミールは胃に優しいと考えられますが、摂りすぎると不調の原因になってしまいます。
ヘルシーといっても食べ過ぎてしまえば太る原因にもなり、たくさん食べたためにお腹を壊す心配もあります。

そのため、1食あたり30g程度を目安に食べるようにしましょう。

組み合わせる食材に注意

ヨーグルト オートミール
オートミールをそのまま食べても味がないため、「美味しくない」と感じる人もいます。
他の食材と組み合わせて食べれば食べやすくなりますが、組み合わせるものによってはダイエットには不向きです。

例えばヨーグルトであればプレーンタイプを選びましょう。
加糖タイプだと甘さが出て美味しくなりますが、砂糖を摂取しすぎるとダイエットに影響が出てしまいます。
同じように食べやすくするためにハチミツやメープルシロップをかけたいと考える人もいますが、糖質が多くなるので注意してください。

風味をプラスしたいなら、シナモンや無糖のカカオパウダー、ココナッツなどがおすすめです。

オートミールだけでは不十分

オートミール ヨーグルト ナッツ
オートミールは栄養価が高く回復食にも向いている食材ですが、オートミールのみを回復食に用いるのは危険です。
特にたんぱく質が不足しやすいので注意しましょう。

オートミールには、質の高いたんぱく質も含まれていますが、量は多くありません。
そのため、高たんぱくな食材と一緒に摂取すると不足している栄養素を補えるため、ヨーグルトやナッツ、豆乳や卵など、組み合わせる食材にも意識を向けましょう。

ファスティング後の回復食にはオートミールとコレがおすすめ!

回復食におすすめのオートミールですが、それだけでは必要な栄養素が不足してしまいます。
健康的に無理なくファスティングを終えるためにも、エステプロ・ラボから販売されているファスティングのアシスト食「ファストプロミール」を活用してみましょう。

ファストプロミール

ファストプロミール公式ページ

体に負担のない作り

ファストプロミールには113種類もの野菜や果物、海藻を使用して作られた植物発酵液が配合されています。
その酵素の働きを無駄にしないために、10個もの厳格な基準を設けています。

・化学調味料不使用
・合成着色料不使用
・香料不使用
・動物性タンパク質不使用
・動物性脂質不使用
・遺伝子組換え大豆不使用
・白砂糖・人工甘味料不使用
・トランス脂肪酸フリー
・コレステロールフリー
・12〜20時間浸水雑穀使用

消化器官に負担をかけるものは配合されておらず、ファスティング後の体を労りながら復食期を過ごせるのです。

調理がしやすい

調理
「調理が面倒でやりたくない」と考える人もいるはずです。
栄養価の高い食材を買うにも時間と労力がかかってしまいます。

しかし、ファストプロミールはお湯で温めたり、電子レンジで温めたりするだけで食べられます。
食べたい時にすぐに調理できる点は大きな魅力です。

味の種類が豊富

ファストプロミール
簡単に作れても同じ味ばかりでは飽きてしまいますが、ファストプロミールは味の種類が豊富です。

出汁の効いた雑穀のお粥、野菜が豊富なアジアンテイストのリゾット、豆乳が使用されたマイルドな味わいの玄米クリーム、スパイスの効いた本格カレーのカレーザイム、根菜がたっぷり入り香り高いトマトベースのリゾットなど、復食期のお腹を満たしてくれる味付けです。

ファストプロミール

ファストプロミール公式ページ

低カロリーで食物繊維やミネラルが豊富、そして低GI食品のオートミールはダイエットに向いている食材で、ファスティング後の回復食にもおすすめです。

しかし、オートミールだけでは栄養が偏ってしまうので、不足してしまう栄養を補うためにも、ファストプロミールと一緒にファスティングを行ってみてください。
体に優しく健康的に復食期を過ごせるでしょう。

ファスティングを終えた後も、体のラインや体重が気になる時に代替食として使用できるので、ダイエットで悩んでいる際に活用してみてください。

ピックアップ記事

CONTENT