ファスティングの意味とは?

ファスティングの意味
FASTING

ダイエットや美容などは、美しく生きる上で欠かせないワードでもあります。
ファスティングや酵素、ジュースクレンズなどで体の内側から綺麗になりたいと考える人は多くいますが、それぞれの意味をきちんと把握していますか?
「体に良いから」「話題になってるから」などといった理由で始める人も少なからずいるでしょう。

ファスティング 意味ない

しかし、本当の意味を知らなければ成功できません。

特にファスティングは細かな決まり事もあるため、手順を把握していないと失敗する可能性があります。
そこで、今回は現代人にこそ必要だと言われているファスティングの意味について解説していきましょう。

ファスティングの意味

ファスティングの意味としては、「断食」や「絶食」が当てはまります。
古くから断食を儀式や修行の一環として行っている国もあります。
そんなデトックスを現代では体質改善やデトックス、ダイエットなどを目的として実施されています。

ファスティングの目的

断食と言うと食事をしないために続かないのではないかと不安視する声もあります。
しかし、断食は水だけの摂取に対してファスティングでは水以外にも酵素ドリンクを摂取するなど栄養素を補いながら実行していくため、日常生活を送りながらでも続けることができます。

ファスティングでは、一定期間固形物を食べないことで内臓を休めることができ、代謝機能を正常に取り戻すことができるため、理想の体を手に入れることにつながる方法なのです。

ファスティングの効果

ファスティングの意味を把握できたところで、ファスティングが持っている効果についてご紹介していきましょう。

ダイエット

ファスティング 断食 違い

ダイエットをしたいためにファスティングを行う人は多いです。
ファスティングを行っている時は、固形物を摂取しないためにエネルギーが低下します。

体内にあるエネルギーがマイナスになることで、体の中に蓄えられている糖質をメインとしたエネルギーで主に、肝臓や筋肉にあるグリコーゲンを使い、体を動かしていくのです。
しかし、量には限界があるので脂肪を燃焼することでエネルギーを作り出すことに変わります。

脂肪が燃焼すれば体重の減少にもつながるため、ダイエット効果を得られるでしょう。

デトックス

デトックス

体の中には様々な毒素が蓄積していると言われています。
現代人は食べ過ぎの傾向があるので、消化することにエネルギーが使われてしまい、排泄が疎かになります。

すると、体の中にさらに毒素が溜まっていくため悪循環となってしまうのです。
ファスティングでは、固形物を摂取しないために体の中にある毒素を排出することにエネルギーが使われます。
便や尿、汗などによって毒素が排出され、スッキリとした体になります。

腸内環境の改善

人間の腸内には100~1000兆個もの腸内細菌が生息していると言われています。
腸内細菌には、善玉菌や悪玉菌、日和見菌がいますが、菌のバランスが悪くなることで様々な影響が表れるのです。
空腹
悪玉菌が増えてしまえば免疫力が低下し、風邪を引きやすい体になるだけではなく、便秘や下痢などの不調が表れることもあります。
食生活やストレスによって腸内環境の悪化は引き起こされるため、ファスティングをすることで体がリセットされ腸内バランスを正常に戻すことができるのです。

ホルモンバランスの正常化

人間の体の中にあるホルモンは100以上もの種類があると言います。
乱れた食生活を続けていることで、ホルモンバランスは崩れてしまいます。

ファスティング 口内炎
その結果、太りやすくなってしまったり肌荒れなどを引き起こしてしまうのです。
ファスティングを行うことで、ホルモンバランスの安定を図れ、様々な症状の緩和につながっていくでしょう。

肌荒れの改善

美容を目的にファスティングを行う方も多いでしょう。
ファスティングには、デトックス効果があると上記で解説しましたが、体の中にある毒素が排出されることで肌荒れの改善が期待できます。
デトックスによって新陳代謝が活発になれば、肌のターンオーバーも正常になるので、肌の気になる症状も改善することにつながるでしょう。

ファスティング 肌荒れ

この他にも、血流の改善や生活習慣病の予防など、ファスティングには様々な効果を期待することができます。

ファスティングが現代人にこそ必要な理由とは?

ファスティングが現代人に必要な意味を知っていますか?
様々な症状に効果が期待できるファスティングですが、食生活の変化や添加物によって汚染された体を正常化させるために、ファスティングは非常に有効です。

便利な世の中ですが、それと引き換えに体の中に毒素が溜まり、栄養をうまく吸収することができずに生活習慣病やアレルギーなどの様々な病気を引き起こすことも考えられています。

悩み

ファスティングでは、こうしたトラブルを引き起こす要因とされる有害物質や添加物で汚染された体内をデトックスによって改善することができます。
体に溜め込んでいる有害物質は以下の通りです。

食品添加物

食品を長く保存することができたり、色鮮やかな状態を保ってくれるなど、香りや食感を引き出してくれる食品添加物は、日常において様々な食材や食品に使用されています。
しかし、活性酸素を発生させたりアレルギーを引き起こす可能性のあるものも含まれているため、蓄積され続けることで有害物質となってしまいます。

遺伝子組み換え食品

人工的に遺伝子操作されて作り出された食物です。
アレルギーの原因になる指摘があることで、有害であることが分かります。

有害ミネラル

水銀

鉛や水銀、ヒ素などです。
土や海水などに含まれているほか、食品の中にも含まれていると言います。
少しずつ体の中に溜まっていくことで、体調に変化が表れてしまうのです。

残留農薬

野菜や果物、お米など、様々な食物は育てる過程において、農薬を使用することが多いです。
残留農薬は食べ物に残っている農薬のことを言います。
体の中に蓄積し続けていくと、農薬中毒症状を引き起こすこともあり、人体への影響が懸念されます。

環境ホルモン

カップラーメン

ホルモンが持つ作用を阻害してしまうのが環境ホルモンです。
サランラップやカップラーメンの容器から体の中に侵入することもあります。

トランス脂肪酸

マーガリン

マーガリンやショートニングが代表的で、人工的に作られた脂のことを言います。
消化することが難しく、体の中に溜まることで悪玉コレステロールを増やす作用があります。

精製食品

砂糖

精製過程でビタミンやミネラルが消滅し、栄養価のない食品となります。
砂糖や小麦が代表的です。
高GI値食品なので、血糖値が上昇しやすいデメリットがあります。

上記7種類の有害物質が蓄積されていくことで、体の内側だけではなく外側まで影響を及ぼすことが考えられます。
有害物質はデトックスをすることで体外に排出されるため、ファスティングを行うことで体の内側から健康的で美しい体を目指せるでしょう。

ファスティングの意味をなくさないためにも注意することとは?

体の健康や美しさを保つために、ファスティングは非常に意味のある方法です。
ファスティングの意味をなくさないためにも、ファスティング時に注意することをまとめていきましょう。

禁止事項

ファスティング中は、固形物の摂取は禁止となります。
飲料についても水や酵素ドリンク以外には摂取しないよう注意してください。

お酒

  • ☑お酒
  • ☑ジュース
  • ☑牛乳
  • ☑カフェイン入りのお茶
  • ☑コーヒー

これらの飲み物は胃に負担を掛けてしまう場合があります。
また、下記の行動にも注意が必要です。

  • ☑喫煙
  • ☑激しい運動
  • ☑飴やガムなどのお菓子を食べる

水分摂取について

水

ファスティング中は水分を摂取することでデトックスを促します。
また、食品から摂っていた水分摂取がなくなるため、いつもよりも多く水を飲まなければいけません。

いつもよりプラス1~1.5L程飲むように心掛けてください。
また、塩素や金属が含まれている可能性のある水道水は避け、軟水のミネラルウォーターを飲むようにしましょう。

頭痛が起きた時の対処方法

ストレス

ファスティングをしている最中に、頭痛になる人もいるでしょう。
塩分過多の食生活を送っていたのであれば、塩分が制限されたことによる血管拡張が原因かもしれません。
酵素ドリンクを濃い目に作って飲んでみたり、自然塩をひとつまみ摂取するなどして様子を見ましょう。

また、カフェインを多く摂っていた場合でも頭痛が引き起こる可能性もあります。
ゆっくり過ごすことで症状が落ち着くこともあるので、無理をしないことが大切です。

ファスティングの意味は断食や絶食となりますが、固形物を摂取しないだけで水分や酵素ドリンクの摂取は行いながらファスティングを続けていきます。
日頃の生活によって、体内には様々な毒素が溜まり不調を引き起こしています。

ファスティングは様々な効果が期待できるので、体質改善に興味があればファスティングを実践してみてはいかがでしょうか?

ピックアップ記事

CONTENT