ファスティング中、飲んでいいもの悪いもの

ファスティング 飲んでいいもの
FASTING

最近ファスティングが女性を中心に人気を集めており、定期的に実践する人が急増中。
ファスティングはダイエット効果だけではなく、美容や健康効果も期待できるので、非常に魅力的な方法と言えるでしょう。
ただ、間違った方法を取り入れてしまうと失敗してしまい、リバウンドなどにつながってしまうことも。

特に、ファスティング中は固形物を食べられない代わりに飲み物を摂取できるので、あまり良くない飲み物を摂取してしまうと失敗に大きく近付いてしまいます。
では、どんな飲み物なら飲んでいいものなのでしょうか?
今回は、ファスティング中に飲んでいいものと悪いものについてご紹介していきましょう。

ファスティング中に飲んでいいもの

ファスティング 3日間 スケジュール

ファスティング中は食べられないものの、水分はしっかり摂らないといけません。
しかし、どんな飲み物なら飲んでいいものなのか迷ってしまう方は多いでしょう。

基本的に口に入れるものは水分だけになるので、感覚的には水分摂取というより、固形物ではなく液体で食事を置き換えていくという考えを持った方が、どれが飲んでいいものなのか分かりやすくなります
それでは具体的にファスティング中に飲んでいいものをご紹介していきましょう。

酵素ドリンク

味を選ぶ
酵素ドリンクとは、野菜や果物など、様々な食材から酵素を抽出し、発酵させて作った飲み物です。
液体自体はかなり酵素や栄養素が凝縮されているものなので、大量に飲むものではないのですが、酵素ドリンクを飲むことで体の機能を維持しながらファスティングに取り組めます。

体内の酵素は食事を取ることで使われてしまいますが、ファスティング中は食事を取らないので酵素が減らず、なおかつ酵素ドリンクで酵素が補えるので代謝に酵素を回すことができます。
すると、代謝が活性化し通常よりも痩せやすい体質づくりのサポートになると考えられています。

酵素ドリンク
ただし、酵素ドリンクは自宅で簡単に作れるものではないので、基本的には購入することになります。
現在様々なメーカーから酵素ドリンクが発売されていますが、中には飲みやすさを重視し人工の糖質が含まれていることもあるでしょう。
せっかくファスティングをしているのに人工の糖質を飲み物から摂取してしまっては意味がないので、どんな成分が酵素ドリンクに配合されているのか、買う前に必ずチェックしておきましょう。

野菜スムージー

ファスティング スムージー

野菜スムージーは酵素ドリンクと同じように、野菜や果物に含まれる生の酵素やビタミン・ミネラルを豊富に含んでいる飲み物です。
酵素ドリンクと比べて酵素量などは劣ってしまうものの、自宅でも作れるという点はメリットと言えるでしょう。

また、酵素ドリンクにはあまり含まれていない食物繊維を摂取できる点も特徴に入ります。
好きな野菜や果物を選んで美味しいスムージーを作ることができますが、例えば果物の量が多すぎると果糖の摂取量が増えてしまいます。

果糖は摂取しすぎると中性脂肪の増大を招いてしまう恐れもあるので、野菜スムージーに果物を入れすぎるのは止めましょう。

青汁

野菜ジュース

青汁はスーパーなどではなかなか手に入らないような、「大麦若葉」や「ケール」などの栄養豊富な野菜を使って作る飲み物です。
野菜スムージーと似ていますが、スムージーよりもビタミン・ミネラルが豊富に含まれている場合が多いです。

また、粉末タイプなら持ち運びもしやすく外出先でも水さえあれば青汁を作ることができます。
一方で、酵素ドリンクと同じように購入しなくてはいけない点や、味が独特なので好き嫌いが分かれる点はデメリットと言えるでしょう。

特に味覚に関しては、飲みやすい青汁を見つけても中に糖質が含まれている可能性もあります。
青汁にする場合は、十分に配合成分や原材料に注目して購入するようにしましょう。

ハーブティー

ハーブティ

ファスティング中は食べ物を摂取できなくなり、糖質が不足しやすくなるのでどうしてもイライラしてしまいがちです。
イライラを抑えたい、精神が不安定になっているという場合はハーブティーを取り入れてみましょう。

ハーブティーには精神を落ち着かせてくれる効果が期待できる種類もあります。
また、中には空腹を紛らわせたり、ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいる種類もあるので、その時の体調に合わせて好みのハーブティーを選ぶと良いでしょう。

注意すべき点としては、ハーブティーにはカフェインが含まれるものもあります。
ファスティング中は基本的にカフェインは摂取しない方が良いので、カフェインレスのハーブティーを選ぶようにしましょう。

豆乳

豆乳

豆乳は女性ホルモンに似ている働きを持つ「イソフラボン」という成分が豊富に含まれています。
イソフラボンは新陳代謝を促進する効果も期待できるため、美容面で取り入れたい飲み物と言えます。

また、コレステロールの増加を抑制したり、自律神経を安定させたりする働きも持っています。
こうした働きを持っていることから、ファスティング中に飲んでいいものとして挙げられるでしょう。

豆乳には「無調整豆乳」と「調製豆乳」の2種類に大きく分けられますが、調整豆乳は味や香りを調整して飲みやすくしたものです。
糖分が多かったり、香料が含まれていたりするので、ファスティングに取り入れるなら無調整豆乳がおすすめです。

ただ、無調整豆乳は味や香りが豆乳そのものなので、苦手に感じてしまう方は多いです。

味噌汁

味噌汁

ファスティング中に味噌汁を飲んでいいのか不安に思われる方も多いですが、実は具なし味噌汁であればファスティング中に飲んでも問題ありません
温かくて香りが立つ味噌汁は、食べた気になれて空腹感を紛らわすのにも最適です。
また、味噌には栄養素が豊富に含まれているということもあるので、ファスティング中に冷たいものばかりで体の冷えを感じる方は具なしの味噌汁を取り入れてみましょう。

しかし、味噌汁にも注意しなくてはいけない点があります。
それは、塩分過多になりやすいということです。
空腹
塩分を取りすぎると内臓への負担が大きくなってしまうので、ファスティングの意味がなくなってしまいます。
また、だしに化学調味料を使ってしまうと意味がないので昆布や鰹節から本格的にだしを取る必要があります。
まとめて作ってしまうこともできますが、普段料理をしていない人にとっては大変でしょう。

ファスティング中に飲まない方が良いのは?

ファスティング中に飲んでいいものをご紹介してきましたが、飲まない方が良いものも存在します。
どんな飲み物はファスティングに向いていないのでしょうか?

コーヒーや紅茶、緑茶など

コーヒー

コーヒーや紅茶、緑茶など、日常生活ではよく取り入れている方も多い飲み物ですが、これらは全てファスティング中に摂取しない方が良いです。
なぜなら、これらの飲み物にはたくさんのカフェインが含まれているためです。

カフェインは利尿作用を持っており、どうしてもトイレが近くなってしまいます。
トイレが近くなるということは、せっかく摂取した水分が排出されやすくなるということです。
また、カフェインは興奮作用も持っているので場合によっては体調不良を招いてしまうこともあるでしょう。

0kcal飲料ジュース

近年、甘いのに0kcalの飲み物が増えてきています。
ジュース感覚で飲めて、なおかつ0kcalなのでファスティングに取り入れたいと考える方は多いでしょう。

しかし、いくらカロリーは0でも飲み物の中には人工甘味料が含まれており、内臓を刺激してしまいます。
ファスティングの際には飲みたくなるかもしれませんが、できるだけ我慢し他の飲み物を取り入れましょう。

今回はファスティング中に飲んでいいものと悪いものをご紹介してきました。
固形物を食べられない分、食事の置き換えとして取り入れる水分は非常に重要です。
できるだけ余計な成分を含んでおらず、必要な栄養素や酵素が摂取できる飲み物を選びましょう。

ピックアップ記事

CONTENT