初心者の方向け!ファスティングを成功させる秘訣

ファスティング 意味ない
FASTING

「ファスティング」に興味を持ち、実際にやってみたいと思っている方も多いでしょう。
しかし、ファスティングをやったことがない初心者だと、まず何を始めれば良いのかも分からず、戸惑ってしまうケースが見られます。
また、何となくで始めた結果、やり方が間違っていてファスティングが失敗に終わってしまう可能性もあります。

ファスティング やりすぎ
ファスティングの初心者でも成功させるにはどうすれば良いのでしょうか?
今回は初心者の方向けに、ファスティングを成功させる秘訣をご紹介しましょう。

ファスティングの“よくある疑問”を解決

ファスティングをこれから始めようと思っていても、疑問がある中でやっていては効果も生まれません。
まずは初心者の方が抱きやすい、ファスティングに関する疑問を解決していきましょう。

ファスティングとは何か?

断食

そもそもファスティングとは、英語で「断食」を指しています。
これまでは修行や宗教的なもので利用されてきましたが、現代では健康増進・美容につながるとして研究が進められています。
ファスティングでは期間中固形物は取らずに水分だけを摂取して過ごすのが基本であると考えられています。
毎日の食事やストレスによって疲弊している消化器官を休ませて、体の中に蓄積された老廃物の排出に専念させることを目的に行われます。

ファスティング中は必ず酵素ドリンクを飲んだ方が良いのか?

酵素ドリンク
ファスティングは一般的に修行僧や宗教的に取り組んでいる断食とは異なり、健康や美容を目的に行われるものです。
基本的に水分しか摂取しませんが、酵素ドリンクをプラスすることで健康維持や美容などの目的をスムーズに果たせるようになります
そもそも酵素とは体内でも作られているものなのですが、年齢を重ねていくごとに酵素の量は減少していき、20代を過ぎてからは格段に減ってしまいます。

不足しがちな酵素を補うと代謝が活性化されるため、ダイエットや肌のターンオーバーの促進にもつながるでしょう。
これらのことから、必ず摂取しなくてはいけないわけではありませんが、より効果的なファスティングにするなら酵素ドリンクを摂取した方が良いと言えます。

具体的にどんな効果が期待できるのか?

ファスティングによって表れる効果は一人ひとり異なります。
例えば、毒素が排出されたことで肌の調子が良くなったり、食べなくなることで胃が自然と小さくなりダイエット効果が表れたり、臓器が休まることで免疫力が上がったりと、体に様々な影響をもたらしてくれるでしょう。

初心者が覚えておきたい、ファスティングを成功させる秘訣

ファスティングを実践する前に、成功させる秘訣を知っておくと効果が最大限に引き出せるようになります。
初心者の方がぜひ覚えておきたい、ファスティングを成功させる秘訣についてご紹介しましょう。

準備期の食事をこだわる

初心者の方がやりがちな失敗例として、準備期を疎かにしていきなりファスティングを始めてしまうケースがあります。
突然ファスティングを始めてしまうと体が付いていかず、体調不良に陥ったりあまり効果が表れなかったりするので注意が必要です。
準備期は純和食をベースに高脂質・高タンパク質の食材は避け、1回の食事を腹八分目までに留めるようにします。
純和食と言われるとどんなものを取っていいか分からない方も多いでしょう。
一般的には「こ・と・ま・ご・わ・や・さ・し・い食」を心掛けみてください。

・こ…穀類(玄米、はとむぎなど)
・と…唐辛子(香辛料、ただし摂り過ぎは禁物)
・ま…豆(大豆、黒豆、納豆や豆腐などの大豆製品)
・ご…ごま(ごま、くるみ、亜麻仁など)
・わ…わかめ(わかめ、昆布などの海藻類)
・や…野菜(野菜、果物類)
・さ…魚(青魚など)
・し…しいたけ(しいたけ、しめじなどのきのこ類)
・い…芋(さつまいもなどの芋類)

準備期や復食期にNGフードを避ける

準備期や復食期にはあまり食べない方が良い「NGフード」が存在します。

・上白糖
・肉類(特に脂質が多いもの)
・卵
・乳製品
・食品添加物が含まれている加工品
・トランス脂肪酸や酸化した油を使っている料理

砂糖

これらは体内に入ると消化させる過程で大量の酵素が必要となります。
せっかく体内の酵素を増やそうとファスティングを行っているのに、NGフードを食べて減ってしまっては意味がありません。
準備期や復食期はNGフードを食べないように気を付けましょう。

食べる時間も意識する

ファスティングダイエットアドバイザー

体内のリズムを正常化させるためにも、食事の時間を意識してみましょう。

酵素栄養学のナチュラルハイジーンでは1日24時間を「排泄の時間」「栄養補給と消化の時間」「吸収と代謝の時間」に分け、食事のタイミングや水分摂取の目安を作っています。

ナチュラルハイジーン

自分が好きな時間に食べるよりも、体内に食べる時間を合わせた方が負担は軽減されるというものです。
ナチュラルハイジーンの場合、朝(6~9時)は白湯やスムージーなど水分摂取に留めておき、昼(9~15時)に1食、夕方(15時~20時)に1食、夜(20~23時)にお風呂に入って就寝するというリズムになっています。
仕事の影響で難しい場合もありますが、できるだけナチュラルハイジーンに従った生活リズムを心掛けてみましょう。

積極的に水分摂取を行う

ファスティングは固形物を一切取らないものの、水分は生命活動を行うために必要なので積極的に摂取します。
人間は1日に約2.5リットルの水分が排泄されており、食事から約1.5リットルの水分を補っていると言われています。

水
ファスティング中は食事で得られる1.5リットルがなくなるため、水分をしっかり2リットル以上摂取しないと水分不足に陥ってしまうでしょう。
また、水分をたくさん摂取すると体内に蓄積された毒素も排出しやすくなるので、できるだけ質の高い水を摂取しましょう。

毎日入浴や半身浴、足湯を行う

普段はシャワーで済ませてしまう方も多いかと思いますが、ファスティング中はできるだけ毎日入浴や半身浴、足湯を行うようにしましょう。
体を芯から温めると就寝中の発汗が促され、毒素の排出につながります。
さらに代謝活動が向上したり、免疫力がアップしたりするため、ファスティング中は体を冷やさず、温めるようにしてください

就寝時間をたっぷり取る

睡眠

1日の中で一番体内の代謝活動が活発になるのは就寝中です。
寝ている間に体内では細胞などが働き、代謝活動を行っています。
就寝時間が少ないとその分代謝活動できる時間が減ってしまうため、なるべく7~8時間は就寝時間を確保するようにしましょう。

定期的に継続して行う

ファスティングを1回やっただけでは効果が出ない可能性もあります。
これは体質が完全に変わっていない、もしくはファスティングのやり方を間違えて失敗している可能性があるためです。
1ヶ月に1回程度のペースで定期的に行っていくと体質も変わりやすくなり、健康・美容効果が期待できるでしょう。

ファスティング していい時 悪い時

今回は初心者の方向けにファスティングの疑問や成功するための秘訣をご紹介してきました。
ファスティングはただ食事を取らないというだけでなく、食習慣を改めて体内に蓄積された毒素を排出させることで体質が改善され、様々な健康・美容効果が期待できるようになります。

実践する際には上記でご紹介した秘訣を参考に、正しいやり方でファスティングを行ってみましょう
また、普段の食生活も見直してファスティングの効果を最大限に引き出すことも大切です。
痩せやすい体、いつまでも健康的な体を維持できるように、ファスティングにチャレンジしてみてください。

ピックアップ記事

CONTENT