ファスティング 初めて行う前に知りたい基本的なルール

ファスティング 初めて
FASTING

ファスティングを初めて行う場合、分からないことも多いでしょう。
ファスティングは、美しい体と健康を維持するために適した方法だと話題を集めており、世界で活躍するセレブやモデルなども生活に取り入れています。

ファスティングとは

しかし、正しい方法で行わないと逆効果となり体に不調をきたす可能性があるのです。
そこで、ファスティングが初めてでも不安を解消できるよう、今回はファスティングの効果や基本的なルールについて解説していきましょう。

ファスティングとは?

ファスティングはご飯を食べずにダイエットすることだと認識している人もいるでしょう。
確かにファスティングは断食とも言われ、一定期間食べ物を摂らずに健康を促す方法です。

ファスティング 断食 違い

しかし、正しく解説するとファスティングは一定期間固形物を摂取しないことで消化器官を休ませて腸内環境を整えて体の中を大掃除することを言います。
近年注目されている酵素ファスティングであれば、ファスティング期間中に固形物を摂取する代わりに栄養価の高い酵素ドリンクを飲みながら実行していくので、無理なく続けられるでしょう。

ファスティングの効果について

ファスティングが初めてであれば詳しい効果についても不明な点が多いでしょう。
そこで、ファスティングを実行することで得られる効果について解説していきます。

まず、ファスティングを行うと体内環境が改善されます。

ファスティング ホテル
添加物や残留農薬、放射性物質など、毎日の食事をしていけば微量の物質であっても段々と体内で積み重なっていき、増加していきます。
すると消化不良を起こし、体の機能が正常に動かなくなる可能性が出てきてしまうのです。

しかし、ファスティングを実行することで疲れた内臓が休まり、排出機能を回復させてくれるので、結果的に体内環境の改善が見込めます。
その結果、便秘改善やダイエット、美肌効果を得られるでしょう。
代謝機能もアップするため、痩せやすい体質へと変化することも可能です。

ファスティングのステップについて

ファスティングを初めて行うという方は、まず基本的なルールを把握しておくようにしましょう。
いきなり食事を止めてしまえば体に負担がかかってしまうため、きちんとした手順に沿って実行することが大切です。

ステップ①:準備期間

ファスティング 効果

ファスティングを始める前には、ファスティングを行うための準備を行います。
ファスティングをするからと揚げ物やお肉ばかりを食べていてはいけません。

胃腸を整えてからスタートできるよう、規則正しい生活を行うことが大切です。
高脂質、高タンパク質な食材は避けて、純和食の穀類・唐辛子・豆・ゴマ・ワカメ・野菜・魚・しいたけ・イモ類を基本に、食べ過ぎないように気を付けながら生活をしていきます。
味噌汁ファスティング本番までに除々に食べる量を減らしていき、本番までに備えてください。
また、本番前日の夜は遅くても20時までには夕食を済ませ、早めに就寝するようにしましょう。

ステップ②:ファスティング期間

ファスティング期間には、水分の摂取が大切ですが栄養素を摂取することも大切なので、酵素ドリンクの摂取が有効です。
水はなるべく常温のものを、こまめに飲むことが理想と言えるでしょう。
また、意外にも寝ている間は汗となって水分が体外に排出されるため、寝る前にも忘れずに水を摂取するようにしてください。

ステップ③:復食期間

ファスティングで最も注意しなければいない期間が復食期だと言われています。
ファスティング期間に順調に継続できていたとしても、早く固形物を食べたいからと一気に食事をしてしまうとファスティングをした意味がありません。

胃腸を休めていたにも関わらず、突然普段と同じような食事を始めてしまえば体に不調をきたすほか、リバウンドしてしまう可能性もあるのです。
せっかくファスティングを実行したとしても失敗に終わってしまうことも考えられるので、復食期の過ごし方には十分に注意しましょう。重湯ポイントとしては、「重湯」から始めることです。

2日目には具の入っていないお味噌汁やお粥を食べ、体が慣れてきたら野菜やキノコ、豆類などを入れたお粥を食べるなどして、固形物に体を慣らしていきましょう。


スムージーやフレッシュな野菜ジュースなどもおすすめなので、お好みで取り入れてみてください。

ファスティングでの基本的なルールとは?

ファスティングは上記のような3つのステップで実行していきます。
準備期間や復食期間も重要なため、理想の体を手に入れるためにもルールを守って始めることが大切です。

食べてはいけないものもある

以下の食材は酵素の大量消費や消化不良を起こす可能性があるため、摂取することを控えましょう。

砂糖

  • ☑白砂糖
  • ☑卵
  • ☑乳製品
  • ☑肉
  • ☑食品添加物
  • ☑トランス脂肪酸

生野菜、果物から食べること

生野菜

体に良い食材として酵素が含まれる生野菜や果物を摂取する人は多くいらっしゃるかと思いますが、炭水化物やスープなどよりも先に食べることが肝心です。
ダイエットの基本的なルールでもあるので、よく噛んで食べることも忘れずに食べるようにしましょう。

水の摂取を忘れずに

水

酵素が活動するためにも水は必須です。
人間が1日に排泄する水分量は約2.5リットルと言われており、食事からは約1リットルの水分が補えるので美容のことを考えると約2リットルの水分を摂取する必要があります。
冷えた水は体を冷やす可能性があるので、常温の水を飲むように心掛け、加えて水道水ではなくミネラルウォーターの摂取が理想的です。

体を温めることも大切

ホルモンバランス

冷えは体の不調を招きます。
体温が高くなると免疫力や代謝アップが望めるので、身体を冷やさないようにレッグウォーマーを着用するなど対策を取りましょう。
お風呂では、シャワーだけではなく湯船に浸かることも大切です。
半身浴も効果的なので取り入れてみてください。

睡眠をきちんととる

睡眠健康的な生活のためにも睡眠は大切です。
良質な睡眠は新陳代謝の活発や代謝酵素が働く上で重要なので、早寝早起きを心掛けましょう。

空腹に耐えられない場合

どうしても空腹に耐えられない場合には、水を飲んで乗り切ることになりますが、それでもストレスを感じるのであればすりおろした野菜や果物を少しだけ食べてみましょう。

梅干し
塩気のある梅干しも効果的です。

ファスティングの注意点

ファスティングを初めて行う場合には、ファスティングできるべく体調にあるのかを自分自身で判断することも必要になります。

腸内環境
例え健康であっても体質的に合わない可能性もあるため、自分自身の体調と相談しながらファスティングを進めていくことが肝心です。
また、以下に当てはまる場合にはファスティングは行わないようにしましょう。

    • ☑風邪を引いている
    • ☑持病で薬を飲んでいる
    • ☑心臓や胃に障害がある
    • ☑中学生以下である
    • ☑脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞を起こしたことがある
    • ☑高齢者である
    • ☑妊娠中である
    • ☑授乳中である
    • ☑摂食障害の方
    • ☑極端に痩せている方
    • ☑生理中の方

この他にも、心配があれば医師に相談して健康的にファスティングが始められるようにしましょう。

ファスティングが初めてであれば、きちんとした知識を持つことが大切です。
ファスティングはしっかりとしたルールのもとで行うものなので、知識がない人が実行することで体調に問題が現れる可能性があります。
体に負担を掛けないためにも正しい知識を自分で身に付けるほか、専門家のアドバイスのもとでファスティングを行うようにしましょう。

 

ピックアップ記事

CONTENT