味噌汁ファスティングのやり方&効果やメリット

赤味噌
FASTING

ファスティングというと、酵素ドリンクを飲むイメージを持たれる方も多いかと思いますが、実は味噌汁を用いたファスティング方法もあります。
果たして、本当に味噌汁のファスティングで効果は得られるのでしょうか?

今回は、味噌汁ファスティングのやり方や効果についてご紹介していきましょう。

味噌汁ファスティングのやり方とは?

味噌汁ファスティングは、普段の食事を具が入っていない味噌汁に置き換えるというファスティングです。全く何も食べないわけではなく、普段から馴染みのある味噌汁を口にできるため、ファスティング経験が浅い人でも比較的簡単に取り組める方法となっています。

味噌汁
味噌汁を飲むことによって満足感も得やすいため、空腹によるイライラを抑えられるというメリットもあります。
そんな味噌汁ファスティングは、1日1食だけ味噌汁に置き換えたり、ストイックに3食置き換えたりできるため、自分の体調と相談しながら臨機応変に取り組めるでしょう。

味噌汁ファスティングを行う際は、基本的に赤味噌もしくは豆味噌を使用します。

赤味噌
味噌には他にも様々な種類がありますが、なぜ赤味噌・豆味噌を選ぶべきかというと、白味噌や甘味噌には糖質がたくさん含まれているためです。
白味噌は他の味噌より塩分がまろやかで美味しく感じられる人も多いですが、実は糖質が多く含まれており、その量は100gで32.3g(赤味噌は100gあたり17g)にもなります。

ファスティングの効果をより実感しやすくするためにも、赤味噌・豆味噌を使うようにしましょう。
ある程度長い期間に渡ってじっくりと実践する場合は、赤味噌と豆味噌の両方を用意しておくと、気分に合わせて変えることができます。

味の違いを楽しみながらファスティングを続けられるでしょう。
また、味噌汁ファスティングを行うのであれば、昆布だしで出汁を取ることもおすすめです。
昆布だし
カツオだしでも大きな問題はないのですが、動物性タンパク質はファスティングを行っている内臓にとって負担になってしまう可能性があります。
細かい部分ではありますが、ファスティングの効果を感じやすくするためにもカツオだしではなく昆布だしを取るように心掛けてみてください。

味噌汁ファスティングでどんな効果やメリットが期待できるのか?

続いては、味噌汁ファスティングを行うことでどんな効果やメリットが期待できるのかご紹介していきましょう。

発酵食品の効果で腸内環境を整えられる

味噌汁に使われている味噌は日本を代表する発酵食品であり、豊富な栄養素が含まれています。
食物繊維や不飽和脂肪酸といった成分も豊富に含まれていて、腸内環境に良い影響を与えることが期待できます。
空腹ファスティングは、胃腸を休息させることが大きな目的となっているのですが、味噌汁ファスティングを行うことで腸内環境がより整えやすくなるのです。
食物繊維も豊富に含まれていることから、便秘解消も期待できるでしょう。

また、味噌汁にすることで水分が補給できるので、老廃物を排出するデトックス効果も大きいと言えます。

美味しく続けて健康的な体へと変化できる

味噌汁は、私たち日本人にとても馴染みあるものです。
ファスティングは辛いものですが、馴染みある味噌汁を取り入れることで美味しく続けられることができるでしょう。
味噌汁
また、温かい味噌汁を飲むことによって体の中から温まれます。
内臓が温まれば体温も上昇し、リラックス効果につながるでしょう。
精神的に続けやすいという点も味噌汁ファスティングの特徴の1つです。

味噌汁ファスティングで注意しなければいけないこと

味噌汁ファスティングでは様々な効果やメリットが期待できます。
しかし、いくつか注意しなければいけない点もあります。

どういった点に注意すべきなのか、ポイントをご紹介していきましょう。

準備期や復食期も忘れてはいけない

私たちの生活の中で身近な存在である味噌汁を用いたファスティングであっても、準備期や復食期を忘れずに設けなければいけません。
胃腸の調子を整え、本来あるべき状態に戻すためには、準備期や復食期も重要だからです。

ファスティング 断食 違い
もしも準備期や復食期をしっかりと行わなかった場合、空腹感を強く感じたり、ファスティング終了後にリバウンドしたりする可能性が高くなってしまうので、注意しましょう。

インスタントの味噌汁やだし風味調味料は使わない

最近はインスタントの味噌汁も種類が増えていますが、味噌汁ファスティングを行うのであれば、インスタントの味噌汁は避けるようにしてください。インスタントの味噌汁には、多くの添加物が含まれているため、ファスティングでデトックスをする意味がなくなってしまいます。

粉末出汁
また、だし風味調味料にも様々な添加物が含まれているため、だし風味調味料は使わずに上記でもご紹介した本物の昆布だしを用います。
便利なだし風味調味料が使えないため、日頃料理をしない人にとっては面倒に感じてしまうかもしれませんが、きちんと効果を得るためにはインスタントの味噌汁やだし風味調味料は避けるようにしましょう。

体調が良い時に行う

味噌汁ファスティングは手軽な方法なので、いつでもできそうに感じる方も多いでしょう。
しかし、生理中などホルモンバランスが乱れている時は、精神的にも不安定になりがちです。
ファスティング 口内炎

様々な不定愁訴やイライラなどの症状がひどくなってしまう可能性もあるため、生理中などホルモンバランスが乱れている時は行わないようにしましょう。また、妊娠中や授乳中も栄養バランスが偏ってしまう可能性があるため、味噌汁ファスティングは行わない方が良いでしょう。

味噌汁よりも酵素ドリンクの方が効果があるの?

味噌汁ファスティングでは、味噌の働きで腸内環境を整えてくれたり、温かい飲み物を飲むことで精神的なリラックスにつながったりと、様々な効果が期待できます。
では、味噌汁ファスティングの方が酵素ドリンクによるファスティングよりも効果が期待できるのでしょうか?

味噌汁と酵素ドリンク、それぞれを比較した場合、どちらの方が効果的なのかも解説していきましょう。

味を選ぶ

酵素はどんどん減っていく

酵素は私たちの体の中でたくさん存在していますが、20代を過ぎると徐々に減っていってしまいます。
肌質や体型の変化は酵素も関係しているため、年齢を重ねるごとに肌質・体型の変化に悩む人は増加します。

そのため、定期的に酵素は摂取していかなければいけません。
酵素を取り入れることで、体の内側から活性化することにもつながります。

酵素ドリンク
味噌にもたくさん酵素が含まれているものの、やはり酵素ドリンクに比べるとその量は少ないです。
さらに、酵素ドリンクは酵素配合によって相乗効果が生まれ、良い影響を与えてくれる酵素も含まれているため、よりファスティングによる効果を実感しやすくなっています。

好みの味を選べるものもある

酵素ドリンクの中には、商品ごとに味わいが変わっています。
酵素ドリンクというと、クセがありそうなイメージを持つ人もいらっしゃるでしょう。

しかし、中にはクセがない酵素ドリンクもあるので、好みの味を見つけられれば苦痛を感じることなくファスティングを継続できます。
逆に味噌汁ファスティングでは毎食同じ味の味噌汁を飲むことになり、味変もしにくいため、いくら馴染み深い味噌汁であっても飽きてしまう可能性があります。

味噌汁ファスティングでもファスティング効果は期待できますが、より効果を感じたいのであれば酵素ドリンクの方がおすすめです。

ファスティングの方法には様々な方法があります。
今回は、その中から味噌汁ファスティングをご紹介してきました。

味噌汁ファスティングでも効果は期待できますが、より確かなファスティング効果を実感したい場合は、酵素ドリンクを取り入れた方が良いです。

これからファスティングを行いたいと考えている方は、酵素ドリンクを用いたファスティングを採用してみましょう。

ピックアップ記事

CONTENT