その方法は危険!ダイエットの間違い3選

ダイエット 間違い
DIET

ダイエットを行う場合、誰もが「失敗」を恐れます。
食事制限や運動をしているのに痩せないと悩むほか、リバウンドなどでダイエットが失敗した経験を持つ人も多いでしょう。
炭水化物抜きダイエットや豆乳ダイエット、バナナやリンゴをメインにしたダイエットなど、ダイエットには様々な種類があります。
実はその方法は間違っているかもしれません。

ダイエットに良いと言われていても、間違った方法であれば痩せることはできません。
今回は、ダイエットを成功に導くためにもダイエットで考えられるいくつかの間違いについてご紹介していきます。

その方法は危険!ダイエットの間違い3選

ダイエットには「〇〇はヘルシー」「〇〇をすると効果的」などといった常識が存在しています。
しかし、そのダイエットは本当に効果があるのでしょうか?

意外にもダイエットには逆効果な常識もあり、痩せたいと思っているのであれば避けた方が良いものも中にはあります。
そこで、憧れの体を手に入れるために知っておきたい、ダイエットの間違いをご紹介していきましょう。

油を抜いたダイエット

オイル

油はダイエットの大敵と考える人は多いでしょう。
確かに、たくさんの揚げ物を摂取すればカロリーオーバーとなり太りやすくなってしまいます。
しかし、油を摂取しないからといって痩せるとは限りません

例えば、炭水化物と油を一緒に摂取すると血糖値の上昇が緩やかになります。
腹持ちも良いので上手に活用すればダイエットの味方にもなり得るでしょう。
しかし、選ぶ油によって悪影響を与える可能性もあるので注意が必要です。

古い油は酸化していることが考えられるので、体に悪い油と言えます。
マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸を含んでいるものは、悪玉コレステロールを増殖する作用があるのでダイエット時には摂取しない方が良いでしょう。

マーガリン
ダイエット中でも摂取して良い油の種類としては、以下の種類が挙げられます。

・大豆油
・グレープシードオイル
・オリーブオイル
・ココナッツオイル
・ごま油
・亜麻仁油

油によっては性質に違いがあるので、摂取の仕方に注意しながらダイエット中でも油の摂取を忘れずに続けていきましょう。

水を飲みすぎないダイエット

水を飲みすぎてしまうと水太りになってしまうと聞いたことがある人も多いでしょう。
ダイエット中はジュースを控える分、水やお茶で水分を摂取しますが、飲みすぎてしまうと太る原因となり、摂取しすぎないように控えてしまいます。
しかし、水を飲んですぐに太ることはありません。

水分が体に滞ることで浮腫みを引き起こす可能性があり、慢性化すれば水太りを引き起こすことも考えられますが、慢性化しないための対策を取ることで浮腫みを解消することは可能です。
浮腫みが気になるのであれば、浮腫みを解消するマッサージやストレッチなどを行うと良いでしょう。

ホルモンバランス
また、新陳代謝が正常に行われることで飲んだ水は汗や尿として排出されます。
代謝が抑制するような生活を心掛けることも大切です。

ヘルシー食材の豆乳を使ったダイエット

美容効果が期待でき牛乳よりもヘルシーな豆乳を使ったダイエットは女性に人気です。
カフェに行った際にも、普通のラテではなくソイラテにするなど、摂取カロリーを減らそうと考える人もいるでしょう。
しかし、意外にも豆乳はカロリーが高い食材です。

豆乳

牛乳100gあたりのカロリーは66.9kcalで、豆乳100gのカロリーは45.9kcalとなり、摂取カロリーを減らすことができます。
しかし、無脂肪乳であれば100gあたり33kcalとなるため、カロリーをさらに減らすことが可能です。

カロリーを抑えたいなら、無脂肪乳がおすすめなので飲む際には無脂肪乳を積極的に選んでみましょう。

栄養不足はダイエットの天敵!

ファスティング 断食 違い

ダイエット時には効果を出そうとするあまり、栄養不足に陥ってしまう人が多いです。
ダイエットをするのであれば、摂取カロリーを低くすることが大切だと思い、極端な食事制限をしてしまうことで栄養不足だけではなく、脂肪を蓄えやすい体に変化してしまうため気を付けましょう。

カロリーを多く摂取するとエネルギー過多となり、太りやすくなります。
しかし、最も重要なことはバランス良く栄養を補うことです。
カロリーカットを重要視することで、1日に必要なビタミンやミネラル、鉄分などが不足してしまうと、様々な症状を招く恐れがあります。

・肌荒れ
・抜け毛
・髪の毛のツヤがなくなる
・倦怠感を感じる
・免疫力が落ちて風邪を引きやすくなる
・貧血
・骨粗しょう症

代謝が停滞する危険性もあり、エネルギーの産生力がダウンすると少し食べただけでも太りやすくなる可能性があるので注意が必要です。
いくらダイエットをしているからと言って、摂取するカロリーが低くなれば様々な不調が表れやすくなります。
結果的にはダイエットに失敗しやすくなるため、必要最低限のカロリーを摂取できるよう、バランスの良い食事を心掛けることが大切です。

積極的に摂取しよう!ダイエットの味方食材をご紹介

ファスティング 口内炎

ダイエット中の食事はカロリーや栄養素を気にするため、ストレスが溜まりやすいです。
そこで、ダイエット中でも満足感を得られる栄養価の高い食材をご紹介していきましょう。

リンゴ

一時期リンゴダイエットで話題になりましたが、リンゴはダイエットに適した食材です。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維という2種類の食物繊維が含まれているため、腸内環境を整える効果が期待できます。
水分も豊富なので満腹感が得やすいでしょう。

キノコ

キノコ類

キノコはカロリーが低い食材として知られています。
多く摂取しても太りにくいため、ダイエット中に活用することで満足感を得られる食事になりやすいでしょう。

キノコに含まれるキノコキトサンは、脂質の吸収を抑える効果があるので体内に蓄積している脂肪を分解する働きがあります。
ダイエットの味方となる食材なので積極的に摂取してみましょう。

大根

大根

代謝アップを目指したい場合には大根がおすすめです。
大根の辛み成分は抗酸化作用に優れており、代謝を増加させる際にも役立ちます。

食物繊維やカルシウム、鉄分、ビタミンCなどの栄養素も豊富に含まれているため、必要な栄養素を補いながら健康的にダイエットできるでしょう。

アボカド

アボカド

カロリーが高いからとダイエット中は避けてしまう食材の一種でもありますが、1日に1/2個~1個ほど摂取することで多くの栄養素を補うことができます。
ビタミンEやビタミンCをはじめとする多くのビタミンが含まれているだけではなく、ゴボウと同量の食物繊維も含まれています。

アボカドに含まれている脂質はオレイン酸がメインなので、悪玉コレステロールを減らす作用が期待できるでしょう。
ダイエットと美容にも効果的なアボカドを積極的に摂取してみてください。

ヨーグルト

ヨーグルト

ヨーグルトは良質なたんぱく質を摂取できるほか、お腹の調子を整える効果があります。
善玉菌を増やす働きによって腸の血流を良くする効果が期待でき、代謝をアップさせてくれるのです。

フルーツを加えてビタミンを多く摂取したり、水切りをしてクリームチーズ代わりに使用したりすることも可能です。
小腹が空いた時にもおすすめなので、ぜひ試してみてください。

酵素ドリンクを使用すれば手軽に栄養補給ができる!

酵素ドリンク

栄養素を補いながら健康的にダイエットをしたくても、どんな野菜や肉、果物などの食材を摂取したら良いのか悩む人は多いでしょう。
急いでいる時には料理をする時間もなく、手軽に食べられるサラダ中心のメニューにするなど、結局栄養素が偏ってしまう人もいます。

なかなか栄養バランスが整えられないという人には、「酵素ドリンク」がおすすめです。
不足しやすい酵素を手軽に摂れ、ダイエットの強い味方として人気が出てきています。
食物繊維やビタミン、ミネラルなど、不足しがちな栄養素も同時に摂取できるため、栄養補給に最適です。

少しの体重増加や体型変化であれば、食事の前に飲むことで消化吸収を緩やかにし、食事量を減らすことにもつながります。
大幅に増加した体重を元に戻したい場合には置き換えダイエットを行ってみましょう。
夕飯や昼食を酵素ドリンクにすることで健康的にダイエットを続けることができます。

酵素ドリンク
中でも、エステプロラボから販売されている「ハーブザイム」は、113種類もの国産植物が配合されているため、飲むだけで様々な栄養素を補えます。
白砂糖や保存料、人工甘味料や着色、香料なども使用されていないため体に優しい商品です。
自分でドリンクを作る手間もないので、手軽に多くの酵素や栄養素を摂取したい人におすすめです。

巷で人気のダイエットの中には間違いも存在します。
間違ったダイエットを続けていても、痩せることはできないため、必要な栄養素を摂りながら健康的に痩せることを考えていきましょう。
時には酵素ドリンクを活用して、ストレスなく続けることが大切です。
正しい方法でダイエットを行い、理想の体を手に入れましょう。

ピックアップ記事

CONTENT